素敵な相手を引き寄せる!あなたに必要な意識改革

素敵な人を引き寄せる意識改革テクニック!

意識改革

素敵な結婚がしたなら、どんな相手がいいのか考えることはマストです。

 

おとぎ話に出てくるような、白馬の王子様に出会うことは滅諦にないと気がついた私たちは現実的な条件をしっかりと持つべきなのです。

 

まず、最初に考えるべきなのは譲れない部分についてです。

 

女性なら誰でも憧れるような素敵な男性であれば申し分がないのですが、希少な存在なので望みは薄いとみてよいでしょう。

 

かといって、誰でもいいというわけではないので、ここだけは譲れないという条件を予め胸に留めるようにしておきます。

 

そうすれば、男性を紹介してほしいとお願いする時にもどんな人がいいのかしっかりと伝えることができます。

 

日常の生活でも数々の出会いがある中で、この人だ、とすぐに見抜くことにもつながります。

 

 

 

結婚相手に求める要素として、避けて考えることができないのが経済力です。

 

自分でもたくさん稼いでいる場合は、そんなことを考える必要はないのかもしれません。

 

でも、子供を産んで育てることを考えると、どうしても女性は仕事を休むか辞めるかという選択をしなければいけません。

 

出産と育児で働けない間、家計を維持し支えることを考えると、どうしても相手の経済力を無視するわけにはいかないのです。

 

自分の収入がないと生活ができないとなると、出産後に子供を預けて働かなければいけません。

 

結婚後の生活に大いに関わってくるので、経済力はあるに越したことはありません。

 

とはいえ、日本は経済成長を力強く続けていた時期を経て、今はほぼ横ばいに伸びている状態です。

 

長く不況が続いていたこともあって、高収入を得ている男性の割合は低いのが現実です。

 

 

 

自分に仕事があって結婚後も働くことを考えると、どのくらいの収入が必要だと考えるでしょうか。

 

今の働いている職場では出産後も働き続けられないのであれば、どのくらいの収入が必要だと考えるでしょうか。

 

家計を支えるために、自分にはどんなスキルがあるでしょうか。

 

シビアな問題ですが、結婚を考えるにあたってこの部分を避けて通ることはできません。

 

また、仕事を続けるには相手の理解や協力も必要になってきます。

 

女性が外で働くことに対して自分の仕事と同じように考えられる男性かどうか見極めることも大切です。

 

そうでないと、何かトラブルがあったりお互いが疲れがたまったりした時に結婚生活が息詰まるきっかけになったりもします。

 

予めお互いの考えを話し合って、不安要素は取り除いておくようにしましょう。

 

育児や家事に対して、どのくらい協力してくれそうかという部分も確かめておきましょう。

 

恋愛はお互いが好きであれば大抵のことは乗り越えられますが、結婚生活は思いやりと助け合いがなくては続きません。

 

 

 

次に、相手の性格についてです。

 

自分にはどんな性格の男性が合うのかということは実際に付き合ってみないとわからないので不確かな部分があることも事実です。

 

でも、これだけは譲れない、という内面の特徴は自分なりに持っておくべきです。

 

例えば、自分が話すことが大好きだとしたら、相手には話を聞くのが苦ではない人である必要があります。

 

ましてや、女性が話しているのを耳にしてうるさい、などと思うようでは先が思いやられます。

 

結婚生活では相手に合わせる努力も必要ですが、妥協できない自分の個性については好意的に受け入れてくれる相手がふさわしいでしょう。

 

あなたがいいな、と思える男性の特徴も考えておきましょう。

 

外見的な特徴でも性格でも何でも構いません。

 

何か嫌なことがあって耐えきれないと感じた時にも、相手に絶対的に好きだと思える部分があると許せてしまいます。

 

夫婦を長くやっているとお互いに認め合ったり許し合ったりすることが何よりも大事になってきます。

 

 

 

最後に、結婚相手に強く求めないことも明らかにしておきましょう。

 

何もかも揃った完璧な人間がいないからこそ、人間は面白いし可愛い存在なのだとも言えます。

 

はっきり言って、自分のことも考えたら欠点の一つや二つは必ずあるものです。

 

年齢や外見は本当に取るに足らない条件かもしれません。

 

男性にとっては、子供を生んでほしいと考えるなら年齢は重要かもしれません。

 

しかし、女性にとってはそれほど深刻な問題ではなかったりします。

 

もちろん、話題が合わなかったり親や世間から強く反対されるような年齢差なら慎重にならざるをえないかもしれません。

 

でも、お互いに惹かれあっていてやっていける自信があるなら年齢で相手を制限する必要はありません。

 

外見も、生理的に受け付けないというならまだしも、世間への見栄や理想の外見ではないというだけで結婚相手にふさわしくないと捉えるのは早計です。

 

外見的にはパッとしなくても、それ以外で魅力的に感じる部分があれば欠点をカバーしてもありあまる愛情に発展する可能性もあります。

 

若い時には年齢や外見の違いは見るからに感じられるものですが、数十年先を考えると二人の違いは限りなく減っていくものです。


このページの先頭へ戻る