婚活パーティーでいい相手を見つけて楽しむ方法!

真剣に楽しく婚活パーティーを参加するコツ

数をこなす

婚活パーティー

結婚したいと思ったときに婚活パーティーに行くのは、手早い行動の一つです。合コンや人の紹介より複数の人と出会うことができて、出会う相手もそれなりに結婚への意志があるといえます。しかし、普段慣れないパーティーに行くと緊張してしまってうまくいかないということもあるのです。数時間の間回転いすのようなところの会場で、短い時間でたくさんの人と話さないといけません。その見慣れない世界はその場所にいるだけで疲れてしまいます。そしてパーティーに行ったからといって必ず良い相手に巡り合えるわけでないのです。ここでパーティーに行くこと自体をやめてしまわないで、複数回行くことをお勧めします。何回か足を運ぶことでパーティーの流れもわかって攻略もしやすくなり、慣れないことからの動揺もなくなります。そして、行ったらなるべく異性に連絡先を渡すようにしましょう。パーティーではわからなかった良い一面を実は持っているかもしれないからです。複数回行くことでよいお相手に出会う確率は高くなります。

 

休日と平日に行く

多くは仕事をしていて、パーティーに行くのは休日という人も多いです。そしてパーティーの参加人数もやはり休日の方が多いという傾向にあります。参加する人数が多ければ多いほどたくさんの人と出会えるわけですから、メリットも多いです。しかし休日で出会いがないようでしたら、平日の婚活パーティーに行くのもよいです。人数が少なければゆっくり話すこともできますし、気分もせわしいことがなく余裕を持つこともできます。また出席している人も平日休みの仕事だったり、平日の夜時間が取れる仕事の可能性があるということになります。休日来ている人と、平日来ている人は間違いなく違ってきます。平日の夜、時間がある人と付き合ったら自分がさびしがりやの場合は、休日だけでなく平日も会えることが魅力的です。

 

昼間と夜に行く

婚活パーティーは昼間の開催と夜の開催があるときがあります。そして昼間より夜に近づく方が参加人数も増えるかもしれません。また参加する人柄も若干変わってきます。もちろんいつ参加するかは、自分の気分次第や予定で参加する日程を決めてよいのですが、あとの流れが変わることがあります。もし良いな、という人が現れたときにパーティーのそのあと、お茶に行くことができたり食事に行く可能性が出てきます。簡単にお茶をするより、食事をした方が相手と長い間一緒にいることができますし、相手のことをわかるきっかけになります。またパーティーのあとのデートは今日の出来事などの会話も盛り上がりやすいですし、パーティーの空気をそのまま引き込むことができます。またタイプではなかった場合、その日一日で終わることもできますので、さみしいですが時間の節約にもなります。

同性の友達を作る

婚活は結婚することがゴールだったり、付き合う人を作ることがゴールだったりします。ただ、良い人がいないと難航することもありうまくいかない日々に落ち込むことがあります。そんなときに役に立つのが同性の友達です。婚活パーティーでは使わなかった連絡先カードなどが手元にあって連絡先を渡しやすい傾向にあります。同性の相手に連絡先を渡して、気が合いそうならそのまま友達になってしまえばよいし、情報交換の場所にもなります。一番良い方法は、婚活仲間を作ることによってさらなる合コンや一人では行きにくい婚活の場所に一緒に行くことができるようになることです。一緒のパーティーに参加しているということは、自分たちのプロフィールも似ていて相手に求めるものも似ているかもしれません。婚活用の友達として一緒に婚活を楽しむことができるようになります。

 

特典を楽しむ

婚活パーティーの特典

婚活パーティーにはお見合い回転いすだけのシステムでなく、豪華なホテルでのヴィッフェだったり一緒に行く旅行、お料理婚活などさまざまな特典があります。もちろん目的はお相手を探すことですが、うまくいかないときはそのほかの特典を楽しんでよいです。意外と煮詰まらないでのびのびとしていたほうが気が楽になって、相手からは良く思われることがあるかもしれません。大切なのは、婚活を楽しむ姿勢を忘れないことです。一番簡単なのは、食事付きの婚活です。さまざまな特典が付く婚活は、値段もそれなりにかかってしまうことがありますが、軽食程度でしたらそこまでお金がかかることがありません。おいしい食事目当てで行ってもよいですし、つまらなくなったら食事に逃げてもよいでしょう。もちろん淡々と出会い続けていったほうが出会う確率は増えるかもしれませんが、たまには脱線をして楽しそうなことに目を向けてもいいかもしれません。一辺倒にならないで、さまざまなイベントを利用して苦痛にならないような婚活をしていくことで、長く続けることや嫌な思いをしなくて済むようになります。基本的にはあきらめないこともとても大切です。


このページの先頭へ戻る